Zero to Oneを実現するために

マルイチは一体、何を作っている会社なの?
そう尋ねられることがあります。
なにしろマルイチが手がけている事業は多岐にわたります。
そんな当社をご理解いただくには、
山の頂を目指している集団をイメージしていただくといいかもしれません。

マルイチの沿革説明図

マルイチは創業以来、オンリーワンのモノづくりを目指して事業を積み上げてきました。
最初は、鉄骨工事や製缶などの事業を通じて基盤を築いてきました。
次に、設計の請負事業を拡大してまいりました。
そして現在では、マルイチだからできる自動化装置の設計・製造に力を入れています。
マルイチは、モノづくりの高みを目指して
さらに進化していきます。

第1期:製缶・鉄骨工事などで実績

マルイチの沿革・第1期
マルイチは創業以来、その技術力を生かして、
製缶・金属加工、さらには鉄骨加工・工事において
さまざまなOEM生産をおこなってきました。
お客様から図面をいただき、
いろいろな装置や部品などを生産してきました。
この事業が現在も、マルイチを支える重要な基盤となっています。

・1965年 操業

・1969年 本社工場を新設

・1978年 本社工場を増設

・1985年 丸一工作所を法人化

マルイチ本社外観

第2期:設計請負でも評価高める

マルイチの沿革・第2期

コンピューター利用による設計が加速すると、
マルイチはいち早くその流れをとらえて、
設計の請負事業を拡げていきました。
従来の鉄骨加工や製缶などの請負を重要な基盤としながらも、
設計のノウハウを蓄積していくことで、
その後の自動化装置の設計・制作につながる道筋を開拓してまいりました。

・2001年 機械設計部門を設立

・2007年 株式会社マルイチに社名変更

・2008年 太陽光発電システムの販売開始

マルイチの工場

第3期:自動化装置の設計・制作を拡大

マルイチの沿革・第3期
マルイチは現在、OEM生産で培った技術ノウハウをもとに、
独自の視点からお客様にご提案していく、
ODM生産の事業を拡大しております。
自動化装置を中心にして設計案件は
全売り上げの半分ほどを占めるまでになっています。
スマートロボット導入などの時代の流れを追い風として、
マルイチは、さらに自動化装置の事業を伸ばしていく方針です。

・2019年 第2工場 竣工
・2020年 第3工場 竣工
・2021年 第4工場 竣工予定
マルイチ第2工場内

どんなご相談でも、まずは気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

お客様からよくいただくご質問については、こちらでまとめております。

求人関係でいただくご質問については、こちらでまとめております。

>> 事業内容のページに戻る

>> 会社概要のページに戻る

無料見積り お問い合わせ 募集採用

error: